妊娠すると体の動かし方が変わる

出産後の体型はなかなか戻りにくい、
出産後に体型が崩れてしまった、という話はよく聞きます。

これは、筋力の低下が原因になっているようです。
妊娠すると、体の動かし方が変わってしまいます。

それまでのように、走ったり運動したりが思うように出来ません。

また、だんだんお腹が大きくなってくると、動作もゆっくりになり、
階段を使う機会も減ってくるでしょう。

そうしたことから、筋肉が衰えたり、
筋肉量が減ってしまって基礎代謝が落ち、脂肪が増えてしまいます。

そのために、体重は元に戻ったとしても、筋肉が落ちた分、
脂肪が増えている事が多いので、体型も変わって元に戻すことが難しくなるのです。

ですから、産後はまず基礎代謝を戻し、
衰えてしまった筋肉や筋力を取り戻すことを重点に考え、
無理にカロリーを制限するようなダイエットはやめましょう。

筋肉さえ戻れば基礎代謝も上がり、自然にエネルギーを消費しやすく、
痩せやすい体を作ることができます。

元の体重に戻ったとしても、体型が崩れてしまったり、
痩せにくい体質になってしまっては意味がありません。

産後のダイエットは焦らず、ゆっくり、じっくりと。

体に無理をかけない程度の運動で、少しずつ筋肉をつけながら、
代謝を高めるバランスの良い食事をとるようにしましょう。

産後に開いてしまった骨盤を元に戻すことも意識するといいですね。

骨盤がうまく戻らないと、体型が崩れる大きな原因となります。

産後2ヶ月くらいまでの間は、
骨盤のリフォーム下着やコルセットなどを利用して、
骨盤を締めるようにすると体型の戻りも早くなると思います。

自己都合退職と会社都合退職の違いは?

会社の辞め方って自己都合退職と会社都合退職の2種類ありますが、
これはどのように違うんでしょうか?

まず、自己都合退職というのは自分から退職を申し出ることであり、
雇用保険法でも「正当な理由なく自己の都合によって退職した場合」とされています。

自己都合退職をした場合、
会社都合退職の場合よりも失業手当を受け取るのが遅くなってしまう
というのがデメリットです。

申請してから7日間の待期期間と3ヶ月間の給付制限期間があるので、
実際に失業保険を一ヶ月分受け取れるのは約4ヶ月後になります。

自己都合退職をする場合には、きちんと計画を立てて辞めないと、
次の就職までの間の生活費に困るということも起こってしまうでしょう。

次に、会社都合退職ですが、その名の通り、
会社側の一方的な都合によって雇用を解除された場合をいいます。

リストラや会社倒産などがこのケースです。

失業手当に関しては給付制限がありませんので、
申請後、1ヶ月くらいで受け取ることができるでしょう。

また、あまりにも残業が多いなど、退職した理由によっては、
自己都合退職でも会社都合退職扱いにしてもらえることもあります。

しかし、出来れば、残業が多くて支払ってもらっていないのなら、
退職する前に残業代を計算して、きちんと請求しましょう。

それでも、会社側が残業代を払ってくれないようなら、
法律事務所などに相談したほうがよいでしょうね。

苦手なところの解決策は?

アイアンが苦手な時の解決策は、どうする?

それは・・・

・すくい打ちはNG
・アイアンの確認
・インパクトの瞬間に注意する
・上半身が先行していないかチェックする

すくい打ちになっているとボールが安定しないので、
思ったようなところに飛ばすことができません。

アイアンが苦手な人は、このすくい打ちになっている可能性が高いです。

また、マッスルバックアイアンを使用している場合には、
買い替えを検討された方がいいかもしれません。

このアイアンは上級者向けのものなので、
初心者が使用しても上手く打つことができないでしょう。

もちろん、上達すれば使いこなせるようになりますが、
すぐにアイアンの問題を解決したいなら買い替えを検討すべきです。

それに、インパクトの瞬間に、頭の位置が不自然にずれているとアイアンが安定しません。

固定しなくてもいいので、不自然なずれをなくすようにしてください。

そして、上半身先行型のスイングだとアイアンは上手くなりませんから、
下半身の体重移動を意識しましょう。

上半身が突っ込んでしまっている人は、
これを直すだけでも劇的に上手くなるかもしれません。

下半身を鍛えるならルームランナーのジョンソン 8.1t
天候に左右されずにトレーニングができますから、いいですね。

腰痛がひどい場合は・・・・

一般的に、【腰痛】がひどくなった場合には、
「整形外科」を受診して、症状に合わせた治療を行うことが多いでしょう。

でも、病院に通い続けても、なかなか腰痛が改善しないこともありますよね。

それに、薬や手術などを避けて、
整体や鍼、マッサージなどで腰痛を改善する人も少なくありません。

ただ、もし、腰の痛みが激しかったり、慢性的に痛む時には、一度、
「整形外科」を受診してみてください。

「整形外科」では、問診・視診・触診などの検査を行い、
症状によっては、レントゲンやCT、MRIなどの検査も行います。

「整形外科」はどのような【腰痛】に対しても対応が可能ですし、
整体や鍼では骨の変形や腫瘍、関節のゆがみなどの判断ができないことも多いでしょう。

それに、【腰痛】の原因が内臓の病気だったというケースもあります。

また、「整形外科」は保険が適用されますので、経済的負担も少なくなります。

『整体』では、骨や関節の矯正をしてくれます。

背骨や骨盤のゆがみを矯正し、
体のバランスを整えていくことで、【腰痛】を軽減させるのです。

ただ、整体での治療には即効性がなく、定期的に通う必要があります。

さらに、『整体』では、医療行為をすることができません。

万が一、手術が必要な腰痛の場合であっても、
発見が遅れてしまうこともあるので、くれぐれも注意が必要です。

鍼治療は、体のツボを鍼で刺激し、
人間が本来もつ自然治癒能力を引き出して【腰痛】を和らげます。

国家資格ではありますが、医療行為ではなく、
あくまでも体質を改善することが目的の治療方法です。

鍼治療は医師の同意書があれば保険を適用することも可能ですが、
鍼治療を受けている期間は病院での治療が受けられないという難点があります。

整体や鍼は、「整形外科」で検査しても異常がみられなかった場合、
もしくは、筋肉疲労による慢性的な【腰痛】の時に受診するのがおすすめです。
http://tavtc.net/

メタボリックシンドロームは生活習慣の見直し

「メタボリックシンドローム」にならないためには、食事や運動といった対策のほかに、
忘れてはならないメタボリック対策が、【生活習慣】の見直しです。

お酒とタバコは、メタボリック対策の生活習慣において何よりも気をつけたいものです。

お酒をたくさん飲む習慣があり、
タバコも吸うという人は、これを断つのは並大抵の努力ではできないことでしょう。

メタボリックをよくする方法として、生活習慣の中でお酒とタバコを断つことは、
非常に大切なことなのです。

お酒やタバコを完全にやめることがどうしてもできない場合でも、
ほとんど影響がないくらいの量にまで減らすようにはしていかなければなりません。

メタボリック対策の【生活習慣】として、
お風呂に入るときにぬる目のお湯にし、繰り返し入ることも効果的です。

このように繰り返し入浴することで新陳代謝が高まり、
血行がよくなりますので、湯冷めもしにくくなるでしょう。

1回目は短く、2回目は少し長く、3回目はまた短く入るというように、
湯船につかる時間を少しずつずらしていく方法もあります。

半身浴と同じように、からだの芯から温まることができます。

また汗もかき、寒い時期にはもってこいの
メタボリック対策になる入浴の仕方だといえるのではないでしょうか。

質の良い睡眠をとることも重要で、
眠たくなったらすぐ床に就く、朝は早めに起きるようにします。

よく眠れるように、寝る前4時間のカフェインを避けるなどの工夫をすることも、
メタボリックを改善するための対策方法になるといえます。

少しずつでも【生活習慣】を改善していくことで、
「メタボリックシンドローム」から開放されるようにしいものです。

それには毎日の積み重ねが重要なのではないでしょうか。
ボニックプロ ボニック