必要な銀行口座

お金の用途によって『口座』を分けると貯蓄しやすいでしょう。

なぜなら、『口座』を分けることによって、お金の管理がしやすくなるからです。

1つの『口座』しかない場合、お金の流れが分かりにくく、いくら給料が入ったのかやいくらお金が引かれたのかを把握するのが難しいこともあります。

また、貯金をしようと思っても、気付かないうちに貯金分のお金を使ってしまうケースも多いです。

そのため、お金を貯めたいのであれば、用途によって『口座』を分けた方が良いと言えます。

最低限、必要な『口座』は下記の3つです。

・給料の振込と支払い用
・貯蓄用
・普段使い用

まず、給料の振込と支払いの専用『口座』を持つことで、他のお金と混合せずに済みます。

給料が入金された時点で、支払いにかかる金額を残して、後は全て引き出してください。

そして、引き出したお金を貯蓄用と普段使い用に振り分けましょう。

貯蓄専用の『口座』を作ることで、安易に引き出すのを防ぐことができますし、お金を貯めるという意識を強く持つことができます。