妊娠すると体の動かし方が変わる

出産後の体型はなかなか戻りにくい、
出産後に体型が崩れてしまった、という話はよく聞きます。

これは、筋力の低下が原因になっているようです。
妊娠すると、体の動かし方が変わってしまいます。

それまでのように、走ったり運動したりが思うように出来ません。

また、だんだんお腹が大きくなってくると、動作もゆっくりになり、
階段を使う機会も減ってくるでしょう。

そうしたことから、筋肉が衰えたり、
筋肉量が減ってしまって基礎代謝が落ち、脂肪が増えてしまいます。

そのために、体重は元に戻ったとしても、筋肉が落ちた分、
脂肪が増えている事が多いので、体型も変わって元に戻すことが難しくなるのです。

ですから、産後はまず基礎代謝を戻し、
衰えてしまった筋肉や筋力を取り戻すことを重点に考え、
無理にカロリーを制限するようなダイエットはやめましょう。

筋肉さえ戻れば基礎代謝も上がり、自然にエネルギーを消費しやすく、
痩せやすい体を作ることができます。

元の体重に戻ったとしても、体型が崩れてしまったり、
痩せにくい体質になってしまっては意味がありません。

産後のダイエットは焦らず、ゆっくり、じっくりと。

体に無理をかけない程度の運動で、少しずつ筋肉をつけながら、
代謝を高めるバランスの良い食事をとるようにしましょう。

産後に開いてしまった骨盤を元に戻すことも意識するといいですね。

骨盤がうまく戻らないと、体型が崩れる大きな原因となります。

産後2ヶ月くらいまでの間は、
骨盤のリフォーム下着やコルセットなどを利用して、
骨盤を締めるようにすると体型の戻りも早くなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です