うつ病とアルコール

うつ病とアルコールは深く関係しており、
うつ病の人はアルコール依存症になる確率が高いです。

では、どうしてうつ病になると、
アルコール依存症になりやすいのでしょうか?

それは、うつ病になると全てのことが嫌になってしまい、
その気持ちを紛らわすためにアルコールに走ってしまうことが多いからです。

飲んでいる時は気分が楽になりますが、
酔いがさめると気分が塞ぎこんでしまうので、
またアルコールに走ります。

これを繰り返すことによって、
アルコール依存症になってしまう人が多いです。

そして、うつ病とアルコール依存症を同時に抱えてしまうと、
さらに症状が悪化してしまい、治療するのが困難になります。

また、最悪の場合、自殺してしまう可能性もあるので、
注意しないといけません。

もし、うつ病の人がアルコール依存症になった場合は、
早めに病院に行って治療を受けた方がいいでしょう。

適量であれば良いかもしれませんが、
うつ病の人が常に飲んでいるようであれば、
注意して様子を見た方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です